著者がわかりました!

読者申請して頂く前に

スマホからご覧の方はプロフィールのページを必ずご一読下さい。

PCからご覧の方はブログタイトルをクリックして冒頭の説明を必ずご一読下さい。

先ほどご紹介しました読者申請を下さった方のブログ記事にあった小冊子をプレゼントしますの記事について、その小冊子の著者らしき方のお名前や肩書き、小冊子のタイトルがわかりました。

といってもコメントにお返事を頂けた訳ではなく、画像検索をかけてわかりました。

GOOGLEさんには同じ画像や似た画像を検索する機能があるのです。皆さんご存じでしたか?

イラストを描かれる方はご自身の画像が知らない処で勝手に使われていないか、是非検索してみて下さい。

著者ご本人や、先ほど紹介しましたサポートさんに直接確認した訳ではないので、ここでは団体名や個人名はイニシャルとさせて頂きますね。

著者の方はJ宗S会講師OMさんという方でした。

そこで今度はそのお名前で検索しますと

出るわ出るわTwitterFacebookgooブログWordPressはてなダイアリーこくちーずJUGEMブログYahooブログ(中国語で書いてる)インスタグラム

手広くやってはりますなぁ

そして、amebloもちゃんと、実名?だしてやってはりますやん。

だったら、読者申請してきたサポートさんは別人?それとも同一人物による別アカウント?

現在Twitterのメッセージで別人かどうかを問い合わせ中です。

画像をクリックさせてメールフォームにメールアドレスと名前を書かせる手口は同じですね。

別人だとしたら、師匠に習ったやり方をしている弟子というところでしょうか。

また、S会について検索しましたところこれまた色ともめ事とか出てきますね。

S会に限らずですが、上司を喜ばせるための強引な勧誘、選挙がらみのトラブル、退会に関するトラブル、はたまた関係者の不倫に関するトラブルとかゲスい話まで。

良心的に活動しておられる方もたくさんいらっしゃるでしょうけど、一部の方の強引なやりかたが宗教全体の印象を悪くしてしまっているのではないでしょうか。

引き続き追求していきたいと思います。

amebloのハッシュタグ検索で、読者申請読者登録を見ると皆さん同じように、ネットビジネスやスピリチュアルなブログ運営者からの一方的な読者申請に悩んでおられる様子がみられました。

いつも楽しくやりとりして頂いている皆さんには本当に申し訳ありません。

大きなお世話かと思いますが、こうした人の弱みにつけこんで商売をする様な輩の手助けをしてしまわない様、くれぐれもお気を付け下さい。