タバコの影響について、受動喫煙も同様です。

タバコの影響について、受動喫煙も同様です。

喫煙のリスク一般人の認識率

肺がん99

呼吸器疾患99

心疾患96

流産39

骨粗鬆症30

子宮外妊娠27

不妊症22

早発閉経17

不妊症の13は、喫煙が原因

2喫煙はあきらかに生殖機能を悪化させ、女性の閉経が14年早くなる

3喫煙者の男性の精液所見は22低下し、タバコの本数に比例する

4喫煙は、流産と子宮外妊娠のリスクを増加する

5喫煙による胎児受精卵奇形率の増加が一因となる

6喫煙者は体外受精で妊娠するには、非喫煙者の2倍の回数を要する

受動喫煙が多い方は喫煙者と同等になる

タバコを吸っていても、受動喫煙者でも妊娠する方は大勢います。

しかし、妊娠しにくい方にとっては致命傷になりかねません。

少しでも妊娠率をよくするために、禁煙はもちろん受動喫煙にならないための対策をお勧めします。

もちろん婦人科疾患も多発します。なぜならタバコ被害で血流が悪くなり血液の滞りから

婦人科疾患特に筋腫、内膜症、増殖症の発生率が急増します。

普段タボコを吸っておられる方が同室ですと、家族や他の人もその場で吸っていなくても、

タバコを吸っている方が呼吸をしているだけで他の方も吸ったことになります。

被害は甚大なんです。マンションでベランダで吸っていると他の階、横に住んでおられる方も

吸ったことになり訴訟も起こっています。

部屋にいることが喫煙していることになるんですよ。

禁煙は妊活であるという認識を持つことが大切です。

だから喫煙習慣の方は常識がなく、仕事も出来ず世界的に社会では信用されていませんから。